トップページ > 地域の活動一覧 > 東部地区若手委員会歴史探訪ウオーキング&交流会の開催

地域の活動

東部地区若手委員会歴史探訪ウオーキング&交流会の開催

2016年11月29日
東部
平成28年度 東部地区若手委員会歴史探訪ウォーキング&交流会開催

若手委員会恒例の歴史探訪ウオーキング&交流会が東部地区熱海で平成28年11月29日(火)東部地区7市町の会員、約60名参加で開催されました。当地区には20市町があり且つ、伊豆半島地区があることで、1箇所にまとまることが大変難しい地区であります。今年度は、地区政策幹事からの指名を受けたシニアクラブ熱海若手委員会が、市連合会はもとより、市行政当局、市社協と上手く連携し、事業をまとめ上げてくださいました。
午前中に開催された歴史探訪ウオーキング出発式には、齊藤 栄 熱海市長が激励歓迎の挨拶をされ、参加したシニアクラブ会員を迎えてくださりました。また、熱海市の交通指導員、まち歩きガイドの皆さんが、市連合会の皆さんとともに案内、コース管理をしてくださり、熱海のまちの歴史探訪を満喫させていただきました。コースは、市役所に隣接する福祉センターを出発点に、大湯間欠泉、湯前神社、来宮神社、丹那神社、梅園と短い距離ですが、坂の多い熱海では結構歩いた実感を得られるコース設定でした。

   
出発式で挨拶される 渡辺 冨美子 若手委員会副委員長  激励・歓迎の言葉を述べられる 齊藤 栄 熱海市長

  

  

  

  
熱海はいろいろ見どころも多いですが、坂が多いことと道が狭いことが・・・・。

午後は、福祉センターで交流会が開かれました。
交流会には、東部地区6市町36名が参加されました。
「地域の絆推進運動について」 永田 清 県連合会事務局長の、講演の後、笠原 仁 シニアクラブ熱海 若手委員会委員長の事例発表、全大会でのフリートーキングと進み、各市町での活動についての意見交流を行った。
  
◇ウオーキングの様子◇

ページトップへ戻る